注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴

太陽光発電に対して「高くてとても手を出すことが出来ない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし補助金制度を利用することによって初期投資をある程度抑えることが出来るのです。 太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書におきましてもメーカーや機器の型番などといった情報が記載されていなく、適当な書類もあるようですので注意をしましょう。

 

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
業者の見積りが終わった後に、価格と実際に支払う額が違っていたなんてことはよくある話なのです。

 

格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認することなく「どのような屋根でも設置が出来ます」と強引に勧誘をしてくる訪問業者は安全性が高いとはとても言えません。

引越し 東京の情報
http://ka-center.jp/himitsu/tokyo.html



注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴ブログ:17-01-30

グッドイブニング^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した子どもたちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

板チョコやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや運動会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

子どもたちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
チェコではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
子どもたちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

明日はいい日かな〜