注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴

太陽光発電に対して「高くてとても手を出すことが出来ない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし補助金制度を利用することによって初期投資をある程度抑えることが出来るのです。 太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書におきましてもメーカーや機器の型番などといった情報が記載されていなく、適当な書類もあるようですので注意をしましょう。

 

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
業者の見積りが終わった後に、価格と実際に支払う額が違っていたなんてことはよくある話なのです。

 

格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認することなく「どのような屋根でも設置が出来ます」と強引に勧誘をしてくる訪問業者は安全性が高いとはとても言えません。

引越し 東京の情報
http://ka-center.jp/himitsu/tokyo.html



注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴ブログ:17-03-21

高校二年の二学期早々に、
あたくしは学習意欲を喪失し、成績不振から登校拒否を起こした。

8時、「行ってきます」と出て、
図書館で一日を過ごし、夕帰った。

不登校四日目、自分なりに考え抜いて退学を決意した。
その23時、兄やおとうとたちが寝静まるのを待ち、
父に言った。

困惑した表情をわずかに見せた父は多くは語らず、
強く叱ることもしなかったが、こう言った。

…いいだろう。
ただし、もう一ヶ月だけ学校に行け。
そして、学校生活に全力で取り組んでみろ。
それでも決意が変わらなければ、退学して家の仕事を手伝うがいい。
あたくしには五人の子供に分けるほどの財産はない。
ただお前たちが勉強したいんなら、
どんなことをしてでも大学に行かせてやろう。
それが、おまえたちに残すことができる財産だ…

一ヶ月後、あの決意をすっかり忘れて、
学校生活にのめり込んでいる私がいた。

この言葉は、
働きながら夜学に通い、
二十六歳で会社を立ち上げ、
叩き上げの商売人だった父が
あたくしに残してくれた遺産だ。

西郷隆盛に、
「児孫のために美田を買はず」という遺訓がある。

「財産を残すと、子孫の精神が安逸に流れやすいからそのようなことはしない」
という戒めである。

父は「児孫のために美田を買えず」であったのだろうが、
鍬だけは買ってやるから、後は自分の力で荒地を切り開き、
田畑を耕せと教えてくれたのだろう。

その鍬のおかげで、
あたくしは今日までともかくも生きてこられたような気がする。

そして、あたくしもまた、相変わらず美田を買えないままに、
使い古したその鍬を二人のむすこに譲り渡した。

今、むすこたちは、その鍬で汗を掻きながら田畑を耕している。