もっと太陽光発電について勉強しよう

これから太陽光発電の導入を考えている人は、是非ともインターネットの比較サイトを参考にしてみてください。
価格やキャンペーン、アフターケアなどなど様々な項目を販売店毎に比較をすることが出来る便利なサイトとなります。 自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。

 

東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 

太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。

占い 無料 タロットは当サイトへ
http://petite-petal.com/tarot/



もっと太陽光発電について勉強しようブログ:17-05-16

白寿になる母親が田舎で達者に暮らしている。

デイサービスのお世話にはなっているが頭はしっかりしており、
今でも新聞は隅から隅まで読み、
ボクよりよっぽど世間のニュースに詳しい。

デイサービスの職員の方々からも頼りにされていると、
母親自身が得意げに話してくれる。

頭の体操的なレクリエーションの時間に
「四語熟語」の穴埋めテストの様なものが出るらしい。

いつもトップと言うより、若い職員も分からないと
最後は母親に聞くようなことがしばしばであるそうだ。

その様な話を帰省で母親を見舞いに行くと
母親の口から以上に他人様から聞くので嬉しくもあるが、
古希を迎える子供のボクとしては
母親を未だ超えることが出来ないのに恥じ入るばかりである。

しかし母親が幾ら達者と言え99歳、あと半年で100歳の誕生を迎える。
世話をしてくれるボクの姉がいるとは言え、
見舞った後の別れはつらくてつらくて…

また、今回の帰省にはいろいろ複雑な思いもあった。

母親に本当のことを言った方がよいかどうか迷いがあったからである。
それは、ボクの「早期発見」の癌の手術を言うべきかどうかであった。

手術そのものは大成功で、
「再発」さえなければ、そして誰にも言わない限り、
家内以外誰も知らずに済む。

田舎に向かう「汽車」に乗っている間も
言うべきかどうか結論が出ないまま母親と向き合ってしまった。

久しぶりの田舎のご馳走を食べながら24時遅くまで談笑し、
母親の笑顔を見ているとやっぱり言うまいと、
結局「癌」については母親にも姉にも言わないままである。

そして「元気で達者で暮らすのよ!」と
今回もまた母親に励まされたのを「車中」で思い出し
ボクは涙を抑えながら帰宅した。