まだまだ問題点の多い太陽光発電

停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。 近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

 

太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。

 

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:17-02-02

1週間位前、久しぶりに箪笥の上に置いてある
お父さんの写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
ミーは手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真のお父さんは笑っている。

若いころのミーは、
お父さんとは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。 
でも、今は笑っているお父さんの顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
お父さんの顔が見えなくなった。 
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

ミーには母親にも兄貴にも言っていない、
お父さんからの手紙がある。
家を離れて仕事のためバチカンに行っていた1年の間に
お父さんが書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。 
無性にお父さんの字が見たくなった。 
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。 
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、ミーは字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれたお父さんからの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

母親のこと、孫のこと、
兄貴のこと、兄貴の家内のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「体に気をつけるように」と結んである。

嫌いなお父さんからの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

ミーにとってお父さんとは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
お父さんが亡くなってからのことだった。