24時間安心の太陽光発電でもっと便利に

世間に一般的な存在をなりつつある太陽光発電は今現在決して見逃すことの出来ない節電方法と言えるでしょう。
さらに賢く太陽光発電を利用することによって、毎月利益を出すことも可能となっているのです。 太陽光発電を設置することで、もし万が一停電になってしまった時でも電気を利用することが出来ます。
しかしご存知の通り太陽光発電には問題がり、夜間は発電することが出来ないのです。

 

停電となってしまった時に日中では十分に太陽光発電で電力を供給することが出来るのですが、その停電が夜間にまで続いてしまうとどうしようもなくなります。
そのような特性を持っていることから停電対策として本当に役立つのかということで検討を見送っている人もいます。

 

現在注目されてきているのが、太陽光発電をさらに進化させた蓄電式太陽光発電システムなのです。
このシステムは電気を蓄電させることを目的とした太陽光発電システムで、夜間でも電気を使うことが出来ます。



24時間安心の太陽光発電でもっと便利にブログ:17-04-16

おはようさんですー

最近、シェイプアップをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
シェイプアップの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

僕の周りにも、
「炭水化物抜きシェイプアップ」をしている仲間がいますが…
僕は、炭水化物を全く抜くシェイプアップというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
11時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な11時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

シェイプアップも大事ですけど、
身体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

じゃんじゃん